お礼詣りと高野山詣りは必要か

四国八十八ヶ所霊場を巡るお遍路は1200年の歴史があり、独特な文化や風習が根付いています。その代表例としてお遍路さんに無償の施しを行う「お接待」があります。

 

そのほかにも独特な文化がありますが、今回は「お礼参り」と「高野山参り」です。

 

お礼参りと高野山参りとは

 

お礼参り(おれいまいり)
お遍路には決まったルールはありませんが多くのお遍路さんは徳島県にある1番札所の霊山寺からスタートし香川県にある88番札所の大窪寺でゴールとなります。

 

この後、無事に旅を終えたお礼に1番札所に戻ってもう一度参拝する方法が昔から行われてきました。これを「お礼参り」と言います。

 

四国八十八ヶ所霊場の札所は四国を一周するように配置されています。そのため室戸岬や足摺岬など四国の端までいかなければなりません。しかし、1番札所と88番札所は1周して戻ってくるため40kmほどしか離れていません。

 

つまり、自動車では1時間、歩きでは1〜2日あればお礼参りをしに1番札所に行くことができます。もちろん、絶対にやらなければならない事ではありません。お礼参りをしたいと感じたら挑戦してみましょう。

 

また、1番から88番まで順番どおりに参拝しなければならないわけでもありません。その場合にお礼参りをしたいなら、自分がスタートした札所に行けば大丈夫です。

 

 

高野山参り(こうやさんまいり)
88ヶ所すべての札所を巡り、お遍路を結願した後に高野山に行くお遍路さんも多くいます。これを「高野山参り」と言います。

 

お遍路は1200年前に弘法大師空海が四国で修業をした足跡をたどる旅となっています。その流れで、弘法大師が眠る高野山奥之院へ結願の報告をしに行くのです。

 

高野山は密教真言宗の開祖である弘法大師によって金剛峯寺が建てられた場所です。今もその奥之院では弘法大師は涅槃に入り瞑想を続けていると考えられています。

 

つまり、弘法大師は今もなお生き続けているという考えがあります。その証拠に、高野山奥之院には毎日2回、弘法大師の食事が運び込まれています。

 

仏教になじみがない方はピンと来ないですが、昔は弘法大師へ熱い信仰を寄せるお遍路さんが多かったため、今でも高野山参りという形で残っているのです。高野山参りもやりたいと思った方がすれば良いお遍路のオプションのようなものです

 

また、各札所で御朱印を書いてもらう、八十八ヶ所の納経帳には88札所+高野山奥之院の御朱印を各ページが用意されています。

 

お遍路フルコース

お遍路は88ヶ所の札所を巡るだけではありませんでした。その他にも「お礼参り」や「高野山参り」があるということが分かりました。

 

そこで、これらを全て行くお遍路フルコースを考えると次のようになります。

1番札所→2番札所→…→88番札所→1番札所→高野山奥之院

 

徳島県の1番札所から和歌山県の高野山まではフェリーとバスを乗り継いで行くことができます。また、高野山の麓にある慈尊院から高野山までを歩いていくルートもあります。

 

実は、お遍路には京都の東寺参りや別格札所や番外札所(計200ヶ所以上)などがあり、本当のフルコースは大変なことになってしまうので紹介は割愛します。

みんなのお遍路体験記


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連ページ

お遍路、四国八十八ヶ所トップページ


お遍路、四国八十八ヶ所お遍路の基本


お遍路、四国八十八ヶ所歩き遍路のお役立ち情報


お遍路、四国八十八ヶ所あなたのお遍路体験募集します


お遍路、四国八十八ヶ所サイトマップ


トップページ サイトマップ 情報提供の協力 お問い合わせ