四国霊場 第48番札所 西林寺:弘法大師が掘った湧き水

四国霊場 第48番札所 西林寺:弘法大師が掘った湧き水

基本情報

名称

清滝山 安養院 西林寺

名称(読み)

せいりゅうざん あんよういん さいりんじ

本尊

十一面観世音菩薩

駐車場

あり(有料)

宿坊

なし

 

48番 西林寺は松山市郊外の田園風景ののどかな雰囲気の中にあります。寺の前には小川が流れ、このあたりに自生する「ていれぎ」という水草は、刺身のツマモノとして使われるもので、松山市の天然記念物にも指定されています。

 

また、西林寺は「伊予の関所寺」とも呼ばれ、罪人が山門をくぐると地獄に落ちてしまうと言い伝えられます。

 

西林寺の見どころ
・本堂
・一願地蔵

 

松に囲まれるように建つ本堂は江戸時代中期に再建されたもので、歴史を感じることができます。ここには本尊の十一面観音菩薩が安置されますが、秘仏のため普段は見ることができません。

 

この本尊は後ろ向きに建っているという言い伝えがあるため、本堂の裏手にまわって読経を行うお遍路さんも多くいます。

 

仁王門と納経所の間に一願地蔵(いちがんじぞう)が祀られています。池の中央に鎮座するお地蔵様に祈願すると、一つだけ願いをかなえてくれるとされます。

 

 

奥の院:杖の淵
西林寺の奥の院である杖の淵(じょうのふち)は番外霊場に指定され、弘法大師と関係の深いスポットとして知られています。

 

干ばつで苦しむ人々のために、弘法大師が持っていた杖で地面を突くと、きれいな水が絶え間なく湧き出てきたというエピソードが残ります。

 

現在は杖ノ淵公園として整備され、湧水は日本名水百選にも認定されます。

 

 

札所の歴史
天平13年(741年)行基によって開創されました。大同2年(807年)弘法大師がこの地を訪れて修行をしたと伝えられます。

 

 

本尊
本尊は寺の中心的な仏様で本堂に祀られています。西林寺では十一面観音菩薩が本尊として祀られています。

 

 

アクセス

 

みんなのお遍路体験記


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連ページ

お遍路、四国八十八ヶ所トップページ


お遍路、四国八十八ヶ所お遍路の基本


お遍路、四国八十八ヶ所歩き遍路のお役立ち情報


お遍路、四国八十八ヶ所あなたのお遍路体験募集します


お遍路、四国八十八ヶ所サイトマップ


トップページ サイトマップ 情報提供の協力 お問い合わせ