スポーツマンシップの意味とは:Win-Winを考える

 

スポーツの大会では選手宣誓が行われます。だいたい次のような文章を宣言することになっていると思います。私は何度も聞きすぎて頭の中にインプットされています。

 

宣誓

我々選手一同は、日ごろの練習の成果を十分に発揮し正々堂々と、スポーツマンシップにのっとってプレーすることを誓います。

平成 年 月 日 選手代表 氏名

 

さて、スポーツマンシップとは何の事でしょうか?多くの選手がその意味も分からないまま、選手宣誓を聞き流してしまっています。そもそも意味を考えたことが無いかもしれません。
 
Win-Winを考える
Win-Win(ウィン−ウィン)という考え方を紹介します。Winとは「勝つ」と言う意味の英単語ですが、自分も勝ち相手も勝つという所から、2つ重ねてWin-Winと表現されます。

 

一見すると、両者が勝つという考え方はあり得ないと思います。それは、私たちが勝ち負けの世界に慣れすぎている事が一因となっています。

 

私たちは常に相手に勝たなければならないと教えられて大人になります。学生時代は学力を偏差値で評価され他人より高い点を取り、良い大学に行った人が優秀とみなされたり、スポーツでは勝利こそが最終目標となっていたりします。

 

例えばスポーツを例にWin-Winを考えてみます
卓球は1対1の個人スポーツです。また選手間の距離が近いため試合中は相手にプレッシャーを与えるような態度を取ることもあります。常に相手の逆を突きタイミングを崩します。技術だけでなく精神的な要素も必要となるスポーツです。

 

試合の最中は自分が勝つために徹底的にWin-Loseを目指しますが、試合後にその感覚が残ったままになる事があります。相手に敵対心を抱いたまま終わってしまうのです。しかし、これでは勝者、敗者のどちらかと言う考えに陥ってしまっています。

 

そこで両者がWin-Winの関係になるにはどうすれば良いかを考えなければなりません。

 

試合後に互いのプレーを評価し合ったり、普段どんな練習をしているか聞いたりコミュニケーションを取ることで、それぞれ新たな気づきを得ることができます。また、良好な関係が出来上がっていれば、互いのチームでの練習試合に繋がるかもしれません。

 

さて、Win-Winでは自分だけが勝つWin-Loseより得るものが何倍も大きいということに気づきます。これはスポーツに限ったことではありません。全ての場合において誰も負けないWin-Winこそが最高なのです。

 

つまり、スポーツマンシップとはWin-Winを考えるということなのです。

 

Win-Winを生み出すためには
競争によって相手を打ち負かすという感覚は誰にもできます。それは、動物としてのDNAに刻み込まれているためです。生き残るためには勝たなければならないという動物的感覚があるのです。

 

しかし、私たちは人間です。人間には理性があり感覚に任せる方法以外にも手段を取ることができます。その手段がWin-Winであり、スポーツマンシップです。

 

Win-Winを実現するためにはシッカリとした人格が求められます。思いやり、誠実さ、はっきりとした自分の意志と目標、勇敢さ、忍耐などバランスのあるマインドが必要なのです。

みんなのお遍路体験記


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連ページ

お遍路、四国八十八ヶ所トップページ


お遍路、四国八十八ヶ所お遍路の基本


お遍路、四国八十八ヶ所歩き遍路のお役立ち情報


お遍路、四国八十八ヶ所あなたのお遍路体験募集します


お遍路、四国八十八ヶ所サイトマップ


トップページ サイトマップ 情報提供の協力 お問い合わせ