自己啓発本を読んでも自分を変えられないのは何故:刃を研ぐ

 

最近は自己啓発に関する書籍が毎週のように出版され、書店の自己啓発コーナーも良く目立ちます。それだけ悩みを抱える人が多く解決策を探しているということが分かります。

 

しかし、本を読んで実際に問題は解決したでしょうか?本を読んだ後、別の自己啓発書を購入することを繰り返しているだけで、自分の本質は何も変わらないと感じているかもしれません。

 

ダイエット器具を次々に手に入れ、家には器具が収まらないほどになっているにもかかわらず、体重は全く変わらない状況と同じことが起こっているのです。

 

本を読むことは重要です。しかし、知識を集めるだけではバランスが悪いのです。仕入れた知識をどのように活用するかということも必要となってきます。これを怠るとノウハウを集めるだけのコレクターになってしまいます。

 

肉体、精神、知、社会・情緒をバランスよく鍛える
自分を変えたいと思うなら、この4つの要素をバランスよく鍛えなければなりません。そこで、あなたの理想とする人物を思い浮かべてください。これらの要素を持っていることが分かります。

 

例えば、一流のスポーツ選手
身体の強さはもちろんですが精神的にも強く、雨が降ったからと言ってトレーニングを休むことはありません。お金の為や誰かに支持されてスポーツをするのではなく、自分の価値観に基づいて行動しています。さらに、読書をしたり異業種の人と話すことで視野を広げ知性を磨いています。

 

しかし、これだけでは不十分です。自分の思うとおりに事を進めるのではなく、ファンの為や社会のために行動しています。それにはコミュニケーションや誠実さといった人間性も重要になります。

 

これはスポーツ選手だけでなく、優秀な営業マンや頼れる友人にも当てはまります。上辺だけの技術だけでは人から認められることはありません。

 

次々とノウハウを集める人は、このテクニックを集めているだけで根本的なところは変えられていないのです。そのため悩み続けなければならないのです。

 

理想を叶えるには時間がかかる
ノウハウを手に入れることは読書をすればすぐに手に入りますが、効果の持続時間は短いためすぐに元の自分に戻ってしまいます。つまり、自分の根本的なところを変えなければ変化はありません。

 

心の中心部分を変えるためには、正しい知識だけではなく既に述べた肉体、精神、知、社会・情緒といった要素も必要となります。しかし、これには時間がかかります。ただ、使った時間が多いほどその人は成熟し、理想に近づくことができます。

 

子供の成長を想像すると理解できます。生まれてすぐに歩けるようにはなりません。ハイハイができるようになった後で立ち上がり、歩けるようになります。

 

人は少しずつ段階を経て成長するものです。しかし、大人になると目標をすぐに手に入れようとし、できなければ諦めるという人があふれています。

 

子どもが立ち上がり歩こうとするのはDNAにインプットされているためです。しかし、大人になるとDNAにインプットされて動くのは食欲、睡眠、性欲くらいなもので、自己実現のための時間は自分で用意しなければならないのです。

 

自分磨きにはまる
思考の根本を変えるには時間がかかります。それを理解して自分を成長させるためにたえまぬ努力をすることにハマってしまうことが近道となります。

 

アスリートや企業の社長も一夜にして、その人格が形成されたわけではありません。たえまぬ努力と、それを好きになってしまうことで徐々に成長してきたのです。

みんなのお遍路体験記


このエントリーをはてなブックマークに追加


関連ページ

お遍路、四国八十八ヶ所トップページ


お遍路、四国八十八ヶ所お遍路の基本


お遍路、四国八十八ヶ所歩き遍路のお役立ち情報


お遍路、四国八十八ヶ所あなたのお遍路体験募集します


お遍路、四国八十八ヶ所サイトマップ


トップページ サイトマップ 情報提供の協力 お問い合わせ